07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告

20年越しでの驚きの再会でした!

2010.08.17 (Tue)

今日ビックリする出会いがありました!

今日も気付けば37度という暑さに、家から涼しい所へ避難しようと

出掛けた先の本屋さんで

なんとなく見覚えのある名前の本があり手にとって

著者のプロフィールを見ると、やっぱり!

20年近く前私に
「ショックだろうけど一生薬が手放せない病気になってしまったけど

落ち着いて、ゆっくり話すからよく聞いてね、

君は潰瘍性大腸炎という難病です」
と、

結婚も出産もこれからだろうに可哀想に・・・

という何ともいえない優しい声とトーンで話して下さった先生でした!

その当時から、若い世代を中心に潰瘍性大腸炎は急増していたようです

そして何より驚いたのが、当時先生から言われていたのは

「薬は絶対にやめられないから覚悟するように、出産したいと考えた時は

直ぐに相談しなさい、妊娠の3年前から薬を一旦止めます。

その代わり、あなたの病状に関しては悪化する事が予想されますから

結婚もよく考えて相手にも伝えるように

病状が酷くなり薬で抑えられない場合は大腸の全摘出になります」


まだ結婚相手すらいない私に妊娠までの話を淡々と説明してくれたのを良く覚えています

要するに薬無しでは生きられないよ・・・と言われたのですが

その先生が「食事で病気を治す」
と、書いてあるではないですか!

直ぐにページをめくると

今、私が実践し、そして皆様にお伝えしている内容とほぼ同じじゃないですか~!

なんだか嬉しくなってレジに直行してしまいました。

あの頃、薬が嫌で先生の所へは行かなくなってしまった私ですが

その後も病状が悪化するたびに、いろんな病院で怒られながらも

「い~や、この病気は自力で治す!」

なんの根拠もなく念じ続けてきたことが、報われた様な気持になりました

これからも自分を信じて頑張ろう!とまたまたやる気が湧いてまいりましたよ

しかし、病状によっては一時的に薬を服用する事は間違ってはいないと私は思っております

薬が無ければ生きられないという状況に安易に身体を置いてしまう事に

疑問を持って、症状が改善されたら薬を控えるなどの適切な指導をしてくださる

お医者さんが、もっともっと増えたらいいなぁ~と心底願っております

みなさんも、頭痛薬・痛み止め・胃薬・便秘薬などの常用は

本当に気を付けてくださいね

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

21:33  |  セラピストの日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://regalo88.blog68.fc2.com/tb.php/123-660f50a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。